O.P.W.L.+

仕事・遊び・趣味・色んなことを気ままに。

「ネット上の書き込み」

連日筋肉痛であります。

 

真面目に取り組んでいるのでかなり効果があるからこその筋肉痛

であると思います。

 

さて、最近一番目に付くのがSNS上の誹謗中傷でありますが現在では

簡単に人のツイッターをフォローし誹謗中傷した挙句その当人が、

自殺等に陥るケースがかなり目立ってきました。

 

顔を合わせず、本名も知られずに気軽にコメントができてしまうSNS

「自分の言葉」に対しての「責任の重さ」を感じない人が多く存在

する現状ですが、逆にその書き込みした人がその書き込みだけの判断

で「危険人物で今後注意が必要」と認識されてその危険な書き込みを

繰り返していると、突然犯罪に関与しかねないと判断され「逮捕」

されたらどういう反応をするのだろうか。

と言うよりすでに海外では逮捕されている事実があるわけです。

 

また、SNSに限らずYoutubeのような動画サイトでも書き込みはできる

わけですが、Youtubeは上げた動画の内容を「AI」が適切・不適切を

判断するようになっています。

 

ということはもしかしたら、コメント自体もAIが判断しているとした

らそのアカウントに対して「要注意」の判定がしらずに決定し、

前記と同じように繰り返しそのようなコメントをしたら犯罪予備軍

と認識され逮捕となりかねませんね。

 

便利に簡単にいろんなツールで自分の意見を書き込めるようになって

いる現在、それが何も監視されず行われているとは思えないので、

私は特に気を付けています。

 

と言っても私はツイッターフェイスブックもあまり活用していない

かわりに、こちらのブログで週一程度ですが記事を書いているので、

満足であります。

 

ネットを介しての「正義」をうたっている人もいますが、これも気を

つけたほうがよさそうですね。