O.P.W.L.+

仕事・遊び・趣味・色んなことを気ままに。

JAZZのレジェント達のもとへ旅立った

まず初めに。

今回の記事を書くにあたり許可をしていただいた弟さん

である田村哲郎さんにお礼申し上げます。

 

またこの記事はSNSでの更新の告知はせず、普段から

告知はせずともこのブログをご愛読いただいている方

のみ貴重な動画を公開いたします。

 

従いまして今回のこのブログ内容を見ていただいた方は

SNSでのシェア等は絶対にしませんように私と約束して

ください。

私の中で今回のこの内容に関しては「LIVE」という位置

づけにしたいので見た方のみの特典としたいからです。

最後に、私宛のコメントもご遠慮いただければ幸いです。

ではご覧ください。

---------------------------------------------------------------------------

先日の15日に仲良くさせていただいた友人である

田村和大さんが心不全の為お亡くなりになりました。

享年40歳でした。

突然のことでしたので言葉も出ませんでした。

 

私が和大さんと出会ったのは2年前の「北区まちなかゼミナ

ール」でした。

フェイスブックでまちゼミ参加店が情報共有できるページで

彼が「JAZZ講座が無事終了しました」というコメントを

書き込んでいたのを見て、アーティストが地元にいる!って

興奮したのを覚えています。

また私がダンスを通して頻繁に聞いていた音楽ジャンルもJAZZ

でしたので一度お話をしたいと思ったのです。

 

8~9月の半ばまでのまちゼミ期間が終了し全体の成果報告

会に出席しました。

その後の打ち上げは毎年、和大さんが店長をしていらっしゃ

った「Tagen Dining Cafe」さんでした。

そこで乾杯の音頭から始まり打ち上げが始まりましたが、

私は彼に話しかけたくてうずうずしていました。

そして30分くらい経った頃でしょうか辺りを見回して彼の

姿をみてすかさず、「JAZZでダンスをしているんですが」

と話しかけると彼が「向こうでちょっと話しましょう」と。

少し離れた席で2人で時間を忘れ自己紹介やら、自分が辿って

きたダンス歴など多くのことを語りました。

 

「JAZZのアーティストで誰のなんという曲が好きですか?」

という話題になり、私自身が思い出深くショーで使った曲が

あったので「Thelonious MonkのBlue Monk」ですと言った時

和大さんの表情が変わったのを覚えています。

彼自身、北区でその名前が出てくると思わなかったと後に

語ってくれました。

和大さんも「一番好きなアーティストです」と。

そこからはずっと2人の世界に入ってずっと終了時間まで

語りまくっていたのを鮮明に覚えています。

 

その後は連絡先を交換し、「自分の店でピアノソロをして

ますので是非聞きに来てください」とお誘いいただきました。

最後に聞いたピアノソロは5月6日のGW最終日でした。

それまで何回もお店に足を運び彼のピアノの音色を聴いた

のはもちろんですが、ピアノを弾いているときの顔つきが

何ともセクシーでいまだ鮮明に思い出されます。

 

2018年のまちゼミで「JAZZとDANCEを楽しむ」というコ

ラボを行い多くの方を笑顔にしたのは言うまでもありません。

そして今年もやる予定だったのです…。

 

まちゼミの参加条件である勉強会に出席する2日前くらいです。

彼とのやり取りはフェイスブックメッセンジャーが主でし

た。

2回ほどメッセージを送りましたが確認している気配がない。

丸一日確認されないケースがなかったので心配でした。

次の日の夜、クロスバイクでそこそこの距離を走り込み帰り

際に様子を伺おうと閉店間際のお店に行ってみるとシャッター

が閉まっていて「臨時休業」の貼り紙がありました。

 

返信がなかった⇒お店が閉まっているのは珍し過ぎる。

頭は混乱するし連絡する手段がもうないので、どうする事も

出来ずただただ待っていましたが、まちゼミ実行委員の方か

ら連絡が来ました。

和大さんと私が今回もコラボをやるのを知っていたので、耳に

入れておいた方がいいと思って連絡しましたと。

 

「和大さんが亡くなったという話がありました」

 

全く意味が分かりませんでした。

普段から病気がちな感じはなく突然のことなので事故か何かか

と。

ただただ情報を待つだけしかなかったのですが、希望をもって

日々過ごしていましたが「お通夜の日程が分かりました」と連絡

をいただきました。

 

地元北区で包み隠さず全力で自分の音楽ライフやダンス等々、

ディープな話もできる貴重な人でした。

和大さんをリスペクトしてたし出会って地元が楽しくなったの

も確かなこと。

 

心からありがとうと言いたいし、一緒にコラボできたことも

ずっと私の中の誇りとして持っていこうと思います。

 

もっともっと書き記したいですが、私の中に大切にしまってお

いてお気に入りのJAZZを聴いていこうと思います。

彼のブログのように文章の書き方や言葉の選び方には程遠く、

時間軸もぐちゃぐちゃですがこれからも出来る範囲でやって

行こうと思います。

 

記事を読んでいただいた方々に感謝を申し上げます。

 

最後になりましたが、昨年まちゼミのコラボをした際にリハー

サルを閉店後のTagen Dining Cafeさんで行いました。

その時に1曲だけ和大さんが弾いているピアノの動画を残して

おいたので見ていただきたいと思います。

全体では5分以上の動画ですが、私がスマホを手にもって鍵盤と

彼の手を撮影していますが後半部分はテンションが上がり、

踊りながら関係ない方向を撮影していることと、当ブログの仕

様上動画を直接アップロードできないので一旦Twitterに動画投稿

(時間制限あり)してそこからリンクを貼っています。

鍵盤と彼の手が映っている部分を切り取りましたが、曲は最初

から途中までとなりますのでご了承ください。

 

ピアノ:田村和大      曲:Confirmation