オーナーの独り言

仕事・遊び・趣味・色んなことを気ままに。

脳科学が面白そう

最近気になる言葉がありました。

※私の勝手な推測が多々ありますのでご注意ください。

 

脳は自分の課題を楽しんでいるときに最大限発揮する。

楽しい事をしているとき時間を早く感じるのはよく体験しているのでは

ないかと思います。

 

楽しいこと...趣味や遊びをしているときは何も考えずに没頭し「集中力」

が高まっている証拠ですよね。

 

体調にも左右されるのではないかと思います。

今日はちょっと体がだるいと思った時、すでにそのことは脳はキャッチして

いて脳の回転が鈍るのではないかと。

 

また「脳はだますことができる」というのもあるそうです。

それを実践するのに効果的なのが「イメージトレーニング」

 

ダンサーとしてバリバリ活動していた時は練習はもちろんですが、

この「イメージトレーニング」を良くしていました。

サラッと何かで見ただけだったので本当かどうかわかりませんが、

イメージトレーニングすると筋肉が反応しているとあったからです。

 

振付が完成し踊りこみによって考えるよりも曲に体が反応するように

なるまで練習をすることがありました。

そして電車等の移動中もショーの音楽を聴きイメージトレーニング

することも頻繁にしていました。

 

イメージトレーニングで「脳の記録回路へ取り組む」ということが

できるそうです。

 

話は戻して「体調が悪い時」は安静にするのはもちろんなのですが、

ある程度いいイメージを作り出すことで脳はだまされていい方向に

なっていくのではないかという自論です。

 

体調を良くするということではなくその日70%くらいしか力がだせ

なかったものがイメージトレーニングをすることによって5%でも

10%でも上乗せできると。

 

仕事や日々の生活の中で「緊張」することがある場合、能力は100%

から徐々にマイナスされてしまう。

イメージトレーニングすることによってそのマイナスを最小限に

抑えることができるとするとすごく簡単で効果的なことですよね。

 

「北区まちなかゼミナール」に参加し、実際に講座を行った際にも

イメージトレーニングはしました。

自分でタイムシフトを作り時間管理をし参加者様の質問が多くなり

時間が厳しくなった時のことも想定してやりました。

ダンサーとしてショーをやっていた経験から人前での緊張面では

あまりなくその辺は良かったなと思います。

 

全てはできないけれども出来るのであれば極力「楽しい」と自分が

感じる状況を作り出すように心がけるようになりました。

 

行動のすべてを制御している「脳」はさらに勉強すると楽しいのかも

しれませんね!

 

今日はこの記事を書きながらこの曲を聴いています♪

www.youtube.com