オーナーの独り言

仕事・遊び・趣味・色んなことを気ままに。

須賀神社~サプール写真展

午前中から夕方前までに一気に回ろうと思って、

早起き。

 

今更でもありますが映画「君の名は。」の舞台と

なった須賀神社に行ってきました。

須賀神社四ッ谷駅から徒歩10分ほどにあります。

映画を見ていなくても「この風景見たことある!」

となる神社前にある階段。

f:id:yutakaya-jazzycare:20171008134220j:plain f:id:yutakaya-jazzycare:20171008134240j:plain

外国人の方がいたり、一眼レフを持って角度を定め

ながら写真を撮っている方もいました。

少し蒸し暑い日中でしたが、住宅街にあるこの神社付近は

涼しく感じました。

 

そして今日はもう1箇所「東京駅八重洲北口」の目の前に

ある大丸東京店の11F催事場で行っている「サプール写真展」へ。

 

四ッ谷から中央線で東京駅まで1本なので非常に楽でした。

10/10まででしたので気づけて良かったです。

f:id:yutakaya-jazzycare:20171008135010j:plain

外にはこのような展示がされていました。

 

f:id:yutakaya-jazzycare:20171008135026j:plain f:id:yutakaya-jazzycare:20171008135131j:plain

入場料500円を支払い中へ。

チケット半券回収時にスタッフの方が「写真撮影は可能です」

と一言。これはありがたかったです。

ディスプレイで現地に行って撮影している場面とかが

流れていました。

彼らは「ヨウジヤマモト」のスーツを着こなし裏地を

見せて「ヨウジヤマモト!」と連呼していました。

一部の写真をご紹介します。

コンゴの写真と来日した時のものです。

f:id:yutakaya-jazzycare:20171008135946j:plain 

f:id:yutakaya-jazzycare:20171008140005j:plain

彼らはこういう高級スーツを着こなすことで、

「平和」をアピールしているのですね。

「銃を捨てエレガントに生きる」まさにこれ。

 

実際内戦が起こったときの感想や、代々受け継いでいる

このスタイルが紹介されていました。

平均月収が3万円。いろんなものを削りファッションを

愛しているのです。

 

しばらく写真を見ていると女性から声をかけられました。

「今この写真を撮ってお兄さんが映っていますが

このままSNSに載せていいでしょうか?」

「お兄さんのファッションが良くてどうしても載せたい」

ということでビックリしました(''ω'')

一応撮った写真を確認して「どうぞお使いください」と一言。

嬉しかったなぁ(*'▽')

 

最後にディスプレイで流れていたもので、印象に残った

言葉がありました。

大切なことは困難があった時でも笑顔でいること。格好いい服を着てね。

ムイエンゴ・ダニエル氏(通称:セヴランさん)

 

たこういう写真展や映画の聖地巡礼ともいいましょうか、

時間あるときに足を運んでみることにします。