オーナーの独り言

仕事・遊び・趣味・色んなことを気ままに。

急激な気温の変化が自律神経に影響する

8/31現在、涼しいと感じる方やちょっと肌寒いと感じる

方が多いのではないでしょうか。

現在の東京の気温は午前10:30前後で24℃。

 

前日との温度差が10℃前後あると自律神経が乱れやすい

傾向にあります。

自律神経が乱れると体調に変化が見られます。

逆に自律神経が整っていると日々の生活が順調になります。

 

もちろん自律神経は肌の環境にも影響されますので、

忙しい方でも日々の生活で出来る自律神経を整える方法を

紹介いたします。

 

所説いろんな方法があります。

よく言われるのは「運動」「食事」などありますが、時間が

なかなか取れなかったり好き嫌いその日の食欲により左右

されやすいと思います。

 

私の場合は、「入浴」「睡眠」を意識しています。

入浴は温度を上げすぎてもだめだし難しいところですが、

38℃~42℃を目安にしています。

シャワーではなく「湯船につかる」ことです。

長く入ればいいというものではないので、適度な時間をご自身で

見つけてみてください。

また食後1時間後や就寝する1時間前に入浴するのが効果的と

言われております。

 

睡眠はお仕事が忙しく帰りが遅くなることもあるでしょう。

ですが睡眠は疲れを回復するという重要な役目があります。

夜更かしせずに早めに眠りにつき早めに起きる意識をすること

で自律神経を整えることになります。

くるった体内時計をリセットしてくれます。

お酒を飲んで寝ることは睡眠が浅くなり逆効果になりかねない

ので血行がよくなった程度にするのが良さそうです。

また寝つきが悪い方には「ホットミルク」が効果的だという

ことを聞いたことがあります。

現代だとスマホやPCの普及により「ブルーライト」の影響

を受ける機会が多いと思います。

これは睡眠を妨げることになりますので睡眠前の使用を控える

ことも意識してみてください。

 

昨今、季節の移り変わり(四季)がなだらかで身体も移り行く

季節に対応しやすかったのですが急激に暑くなったり寒くなる

ことで一番過ごしやすい春秋がなくなってきています。

身体も季節の移り変わりに対応できなくなる状態にあります。

 

お肌の環境も過酷になってきていますので、普段お使いの化粧品

の見直しもありますが「自律神経」にも意識してみてはいかがでしょうか?